第三集幕開け

 

無事に先日第三集幕開けしました。

 

 

第三集

「 虫になる 鳥になる 花になる 」

 

ただ、それらの眼になってみる。

その眼でせかいをみてみる。

ただそのせかいを表現してみる。

 

テーマや問題提起などの意図したもの、いわゆる人間の大人が考えるものを

今回はなくしてみようとおもいました。

ただそのせかいを表現する、

そこから何が続いていくのか、その表現が何をもたらすのか、

それは言葉では表現できないし分からない。

 

 

言葉で説明できてしまうことに、

表現というものは必要か?

 

 

 

子供や動物のせかいは

とてもリアルだ。

 

大人になってしまったわたしたちは、

過去を悔やみ、未来を憂う。

 

いまこの瞬間を生きること。

 

 

第三集も

みなさんどうぞよろしくおねがいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


マトハヅレのホームページが新しくなりました

新しくうまれかわったマトハヅレのホームページへようこそ。

 

 

第二集のスタートとともに、ホームページもリニューアルしました。

よくお問い合わせを頂いていた、特別注文についてや、お修理、メンテナンスについても

カテゴリーを作りわかりやすくまとめています。

 

また創草雑記と称し、新作の紹介やものづくりのこと、マトハヅレの日々なども綴っていくので

たまにのぞいてね。

 


K18GPについて

第二集から、K18GPの作品づくりをはじめました。

 

 

GP(ゴールドプレート)とはいわゆる金メッキのことです。

18金をメッキ液に溶かし、電気分解でベースの金属の表面に接合させる手法。

ベースの金属はSilver925とBrassを使用しています。

 

 

第一集までは無垢素材にこだわってものづくりをしてきましたが、

goldカラーでの表現の幅を増やしたい、

真鍮とは違う金の輝きを、手に取りやすい価格帯でマトハヅレらしい作品として出したい、

という想いで、挑戦することにしました。

 

 

金メッキは、使っていくうちにメッキ剥がれがおきます。

またそのため、取り扱いにも注意が必要です。

メッキが剥がれたらそれでおしまいではなく、再メッキを行うことで新品同様に仕上げることが可能です。

そのような修理、アフターケアを行っていくことを前提に、

今回沢山のGPの作品をつくりました。

 

もっと身近に、ゴールドを楽しんでいただければうれしいです。

 


マトハヅレの「せかい」

マトハヅレは2013年にスタートし、ずっと同じテーマでものづくりをしてきました。

第一集のせかいは「内なるせかいとともに」。

「内なるせかいとともに」

______________________________________________________________________________

 

暴走する社会の雲が拡大、成長し太陽をさえぎっている。

人々は望遠鏡で遥か異国の華やいだ地を見つめている。

人生を楽しませてくれる何かをいつも探していて、探し疲れては情報の海へと迷い込む。

抑圧のなかには集合があり、自由の先には孤独がある。

 

かつて社会に人々の信ずる内なる世界が広がっていた。

太陽への感謝、豊作への祈り、動植物への愛情、見えないものへの怖れ。

生きていくなかに生死や信仰が身近にあった。

存在するものすべてに神が宿っているように、絡みあった人間のこころも解かれるだろう。

 

望遠鏡を置いて目を閉じ、自分自身へと潜るのだ。

 

すっかり現実味を失ってしまった原始信仰の思想が今、よりリアルにひとつの希望をもたらすものとなる。

 

______________________________________________________________________________

空想のせかいには、

「soil&Plankton」というが谷あり、

「Q」townがあり、

「ByakuE」高原があり、

「+spiritus」という森があります。

 

そのせかいは私たちの世界と同じように自然と人間が存在し、動きつづける時代のなかで静かに時を刻んできました。

 

 

このせかいとはとはまた違う新たなせかいが

第二集のマトハヅレの舞台になります。

 

 

 

 

 

第二集

「世界はふたつ、不思議がひとつ」

 

 

はじまり。はじまり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ギフト包装はじめます。

第二集のはじまりともに…

ギフト包装はじめます。

 

 

 

包装は限りなく簡素に、日常的に使ってもらえるもので構成し、

無駄なゴミを減らすことへの考えを追及してきたため、

ギフト包装については長い間、色々検討していました。

 

近年、ありがたいことに、大切な贈りものや記念の品をマトハヅレでご注文いただくことが増え、

お客さまからもラッピングのご要望をいただくことも多くなってきたため、

マトハヅレ作のイラストが描かれた貼箱と包装紙を作ることにしました。

 

おもちゃ箱のような、

おもちゃやさんで包んでもらったような、

そんな心躍るような包みに。

 

 

 

 

 

こちらは有料のギフトボックス。

378円(税込)

 

 

 

 

包装紙でのお包み。こちらは無料です。

 

 

 

大切な贈り物に、記念の品に。

 

是非ご利用ください。


| 1/1PAGES |